腸内フローラを整えて健康的な生活を

腸内フローラを考える

人間の身体の中には細菌が生息しています。これらの細菌は私たちの健康に大きな影響を与えていますが、中でも腸内には数多くの細菌が生息しているのです。腸内の細菌の数は600兆個~1000兆個とされており、これらは1.5キロほどの重さになります。これらの腸内の細菌は腸内フローラと呼ばれており、テレビの健康番組などで何度も紹介されているのでご存知の方も多いことでしょう。この腸内フローラは私たちの健康に直結していますが、具体的にどういった役割を持っているのでしょうか。

腸内フローラは細菌の集団ですが、これらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分類することが出来ます。善玉菌はビフィズス菌など私たちの健康に良い影響を与える細菌で、これらが増えることで私たちは健康に生きることが出来るのです。逆に悪玉菌は身体に害を与える細菌で、ガンや糖尿病、肥満の原因にもなっています。代表的な悪玉菌は大腸菌、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などです。こういった悪玉菌が多い腸内フローラは不健康と言えるでしょう。そして、日和見菌は細菌のバランスによって役割が変化します。善玉菌が増えると善玉菌になり、悪玉菌が増えると悪玉菌になるのです。

これらのバランスは私たちの健康に大きく関係していますので、現代人でしたら腸内フローラの知識を身につけておきたいもの。そのため、こちらにはそういった情報を集めましたので参考にしてください。これによって健康的な生活が送れることでしょう。